ウントキーネ

大阪の株式会社エガオールが風水と運勢を活用した開運法をご案内しています 書いているのは代表で住風水プランナーの土本晶子 どうぞよろしくお願いします HPは「エガオール」で検索を! 

マンション風水 リフォーム・リノベーション風水 新築風水

リビングに近いトイレの風水的デメリットと改善策

間取りを考える際、また物件を選ぶ際にトイレ位置が重要であることはそのトイレ位置は大丈夫? ~新築やリノベーションの設計は最初に風水の希望を伝えよう~【2階トイレの風水】階上階下で考えたいトイレの邪気に対する風水策でもご紹介しています。
今回はリビングとトイレが近い場合の風水についてご案内します。

リビングからトイレドアが見えるかどうかがポイント

リビングはくつろぐ場所。トイレは排泄の場所。風水では気の性質が逆になります。気の性質が大きく異なる場所が隣接している場合は、気がアンバランスになりがちです。
一番避けたいのが、トイレドアがリビングから丸見えのケースです。あまり多くはないと思われますが、リビングの壁がトイレの入り口になっているイメージです。

リビングで気持ち良く過ごせますか?

この配置はリビングのソファでくつろいでいる時にトイレドアの開閉があって便器が見えてしまいます。
リビングとダイニングが繋がっている場合は、もしかしたら食事中に排泄の音が聞こえてくる可能性もあります。風水上も問題ありですが、一般的に考えてもデメリットが大きいですね。

もしリビングからトイレドアが見えているなら

できるだけリビングにトイレの邪気が侵入しない方法を考えます。のれんやパーテーションの使用と併せて、もしソファからトイレドアが見える位置なら、ソファの移動をおすすめします。

スペースの余裕があるなら廊下があることが風水上も吉意が高い

住居の専有面積がそれほど取れない場合は廊下を無くす場合もありますが、できれば短くても廊下が取れればトイレの邪気がダイレクトに出ることを防げます。
家の気を風水で見た時に、リビングや寝室を狭くしても、廊下を取った方が良い場合があります。
それほどトイレは風水的に吉凶を左右する場所なのです。運気では特に健康運ですが、金運や仕事運にも影響があります。

今から造る、選ぶの段階なら凶意を避けることができる

風水の導入はタイミングが大切です。家ができてから、引越ししてからも対策はありますが、ぜひ吉意を最大限に取り入れられるタイミングを逃さないでください。

*新築、リフォーム、引越しの際には、風水鑑定で安心の新しい時間を迎えてください。
弊社は住人の生年月日と間取り図から鑑定する住居風水メール鑑定面談による風水鑑定出張による風水鑑定を行い、それぞれの物件にあった風水対策をご案内しています。

-マンション風水, リフォーム・リノベーション風水, 新築風水
-, , , , , , , , ,