ウントキーネ

大阪の株式会社エガオールが風水と運勢を活用した開運法をご案内しています 書いているのは代表で住風水プランナーの土本晶子 どうぞよろしくお願いします HPは「エガオール」で検索を! 

50代からのリメイクライフ風水 リフォーム・リノベーション風水

【50代からのリメイクライフ風水】「夫婦一緒に寝る時にストレスを感じる」 これは長年の住環境を見直すチャンス!

2017/09/13

夫婦調査

先日、新聞に掲載されていた記事です。民間企業が実施した「夫婦の暮らし方調査」
夫婦の暮らし方調査[3] 夫婦一緒に寝るのは幸せ?それともストレス?より)この調査は2017年7月実施され対象は20代~60代既婚男女300人。回答に共感する方が多いのではと思います。
【50代からのリメイクライフ風水】家が苦痛な空間になる理由は?家に縛られたくない女性の風水術No2でお伝えしたのですが、家に帰れば我慢を強いられる時間がある場合は帰りたくなくなるのも頷けます。
人の気が下がれば家の気も下がる 気の流れのバランスを整えて快適な空間を作る「住風水」からも心配な実情です。

夫や妻のいびきがうるさい

調査は一方的に「夫のいびき」となっていますが、弊社への相談では夫婦双方から「いびき」の悩みをお聴きしています。
いびきをかく本人を責めても解決策にはなりません。人ではなく環境に着眼してみましょう。

就寝時間、起床時間の違いが睡眠を妨げる

同じ部屋でベッドや布団を並べて寝ている場合は、相手の気配を感じることが多いです。睡眠が浅いと余計に気になります。ぐっすり寝られない毎日は辛いですね。こちらも「いびき」の問題同様、寝室という環境を見直してみましょう。

冷暖房の快適温度が合わない

寝室に一台しかないエアコン。体感温度は人によって違うから当然の意見です。エアコンが必要でない季節は平穏な時間ですが真冬、真夏は深刻な問題です。
果たして同じ場所で寝ることは必要なのかどうか、、ではどこに寝るか。上記2項目と同じで家という環境内での改善策が必要ではないでしょうか。

夫婦が一緒に寝るデメリットの解決に風水の吉意を盛り込み快適な家時間を

50代は妻、母から一人の女性に戻る時間であってほしいとこのブログでは「50代からのリメイクライフ風水」をお伝えしています。
夫婦の寝室という空間で起こっている問題、50代だからこその解決法は
1 寝室内に壁を作る
2 別の部屋を寝室にする
3 別階にそれぞれの空間を持つ 
その為には「風水リフォーム」で対応できます。
そして風水鑑定で把握した「個人の吉方位」や「場所の気を上げる色やアイテム」等を取り入れていく、そのほかにもケースバイケースでご提案できることがあります。

環境を見直すことで心地良い空間と時間が戻ってきます。風水で行う50代からの人生リメイク。一緒に考えていきましょう。

*株式会社エガオールでは常時、個別にご相談も承っています。家時間を少しでも快適にしたい方はご要望に応じて風水から提案致しますので、まずはこちらからお問い合わせください。

-50代からのリメイクライフ風水, リフォーム・リノベーション風水
-, , , , , , , , , , , ,