ウントキーネ

運と気を使って人にも家にも事業にも追い風を!大阪の株式会社エガオール代表 風水運勢活用プランナー 土本晶子が書いています。HPは「エガオール」で検索を!

「古典の言葉」 一覧

ベンチ

【古典の言葉】『智者の慮は必ず利害に雑う・孫子』 ~損を見て利を得る 100%の勝ちはない~

「判断を誤らない人は物事の良い面と悪い面を見ている」 100%でも勝ち 60%でも勝ち 「勝つ」の意味は? 「やるからには全勝を目指す」 損失は無いに越したことはありません。が、まったく何も損もなく利 ...

風

【古典の言葉】『疾風に勁草を知る・後漢書』 ~築いた信頼は瞬時に崩れてゆく危機感を持つ~

「大きな試練の時、本当に強い人かどうかがわかる」 疾風とは突然の強い風 勁草とは風雪に耐える強い草のことです。 突発的な困難はいつでも誰にでも起こりうる 事業が順調な時は心が安定し、先の見通しも楽観的 ...

曲がる

【古典の言葉】『曲なれば則ち全し(老子)』~事業には状況に合わせた剛柔さが求められる~

2019/09/11   -古典の言葉
 , ,

曲則全 「曲がっているからこそ生命を全うできる」 老子は「道」と「徳」がその主張の核となっています。「弱者の思想」と言われることもありますが、弱いからこそ強くなれるという逆説的な解釈ができます。 曲が ...

旅行

【古典の言葉】『時務を識るは俊傑に在り(三国志)』~外部環境は想定し過ぎるくらいで良い~

「時代の流れと現在の状況をしっかりと見つめ具体的な対策を出せる人が優れた人である」 蜀の時代、劉備が司馬徽(しばき)に助言を求めた時の返答です。司馬徽は俊傑として諸葛孔明と龐統(ほうとう)を紹介。 劉 ...

木

【古典の言葉】『小利を顧みるは則ち大利の残なり (韓非子)』~その選択は10年後の事業に繋がるかの熟考を~

目先の利益にこだわると結局大きな利益を逃がしてしまう。 一時しのぎはやっぱり一時 人間だからついついおいしい話に飛びつくこともあるでしょう。 特にしんどい思いをしている時は「一瞬でも楽になれるなら・・ ...