ウントキーネ

運と気を使って人にも家にも事業にも追い風を!大阪の株式会社エガオール代表 風水運勢活用プランナー 土本晶子が書いています。HPは「エガオール」で検索を!

土地・環境風水 新築風水

吉運を呼び込む基本は土地選びから ~風水を使う土地選択法~

2019/03/29

家造りや家選びの際、間取りが気になるところですが家やマンションなどの建物は土地があって建つものなので、上記の項目にプラスして土地選びについての風水的な見方を今回ご紹介します。基本となる土地が良い気を持っているとその上に建つ物件にも吉運が入りやすくなります。

形はもちろん、高さや宅地内のどこに建てるかにも注目

家の形を風水で選ぶ時には欠けに注意では家の形についてご案内していますが、今回の土地選びについても同じようにお考えください。

最近の分譲地は広い土地を切り売りしていることが多いので、宅地は様々な形をしています。
その中でもできるだけ欠けの無い四角に近い形をお選びください。
デコボコの形や三角の土地は値段が安く設定されていることが多いので魅力的に見えるかもしれませんが、家を建てる前には水晶を埋めたり低木を植えたりする土地の凶意を抑える対策を取ることをお勧めします。
地鎮祭も実施を検討してください。
宅地の場合、土地の形と併せて土地の高さも吉意を入れるポイントとなってきます。ある程度の高さのある土地は気が穏やかに流れているので、吉運を取り込みやすいと言われています。
土地の場合、形、高さに加えて考慮いただきたいのは、宅地内での家を建てる位置です。

1 長方形の土地なら敷地内の前方に建てる(家の裏の敷地が広い)と財運と健康運が高まる。
2 長方形の土地の後方に建てる(家の前の敷地が広い)と財運が低下する恐れあり。家の前方、後方の土地の広さバランスが適度にとれていることが理想です。
3 正方形の土地なら中心部に建てるとすべての運気が高まる。
4 三角形、L字型の土地はどこに家を建てるにしても凶意が入ってくる。

分譲地は敷地の道もチェックしよう

造成された分譲地の区画を選ぶ場合は周辺の道も選択の要素となります。家選びは道路の形にも注意で紹介しているカーブの外側や、T字路の正面、道の突き当り、交通量の多い道に面している、交差点の角、このような道があると気のバランスが崩れやすく、住みにくい家となってしまいます。他に選択肢があるなら検討されることをおすすめします。

家造り、家選びは開運チャンスでもあります。風水を使って吉運の高い家を手に入れてください。

周辺環境については
住居と鉄塔、電柱の風水的関係でご案内しています。こちらもご参照ください。

-土地・環境風水, 新築風水
-, , , , , , , ,