手相

【バランス手相術】3本揃うと強運の印 ~運命線、太陽線、水星線は連動する~

血液型や誕生日が同じということはよくありますが、手相は右、左でも違うというオリジナリティーが高いものです。
そして日々、細かく変化していきます。

今回は手のひら上部に出る3本の吉線についてご案内します。

ある人もない人も 濃い人も薄い人も

手のひらの線を掌線(しょうせん)と言います。掌線は種類がたくさんあります。

掌線の中で有名なのが、生命線、頭脳線(知能線とも言います)、感情線です。この3本の線は必ずあります。
たまに2本しかない人がいますが、これはマスカケ線と言って、感情線と頭脳線が一緒になっているので2大線です。

その他の線は人によってはない、またはあるけれど目立たなくて見えないという状態の場合があります。
今回ご紹介する3つの線はすべての人にあるという線ではないです。
全くない、1本だけ、2本だけ、また、左右で線の本数が違うということも珍しくありません。

中指に向かって伸びる運命線は見えますか

運命線は社会との関わりを表します。
仕事、事業が充実している、成功している場合や、趣味やボランティア活動に参加して満足感を味わっている場合は濃い線がまっすぐ伸びていきます。

薬指に向かって伸びる太陽線は見えますか

太陽線は人との関わりを表します。
人望がある、人気者、いい人といい縁を築けることを表します。運命線同様、線の状態がよければその吉意が強くなります。
対人関係に悩んでいたり、思わしくない人ばかりがやってくる場合は、この線の勢いがなかったり、切れ切れだったりします。

小指にむかって伸びる水星線はありますか

水星線はお金との関わりを表します。
お金が貯まりやすい、使っていてもそれ以上入ってくる、食べるのには困らない場合はこの線がまっすぐきれいに伸びます。

上の写真の運命線、太陽線、水星線は感情線の上から伸びていますが、手のひらの下部や真ん中あたりから伸びることもあります。
いずれにしても、それぞれの指に向かって伸びてゆく線です。どの線も指の真ん中に伸びてゆくのがベストな状態です。

3つの線で仕事、人、お金のバランスがわかる

手相はひとつの線だけを見て「~のような人」とは判断しません。
今回の3つの線は、手相を見る際には丸ごとチェックした方がいい線です。

これらの線の関係は不思議なのですが、私がこれまでたくさんの手を見てきた中で、1本だけが立派に出ていて他の2本は全く見えない。ということはまずなかったです。

3つの要素は連動していることが手相からわかります。

これは社会との関わりがあって人と関わってお金に結びつくというシンプルだけどとても大切な繋がりです。

3本の線の濃淡はあって、

例えば「運命線が一番濃くて、他の2本はあるけれどまだ薄いです」という場合は、起業や転職したてのようなイメージです。これから人、お金に繋がっていきます。(運命線が良い線であることが条件です)

また「運命線と太陽線は濃いけれど水星線が自信のない感じです」という場合は、満足いくお金を手にするまでもう少しと判断できます。

感情線から上の手のひらは「50歳以降」 思い描く人生後半戦が送れそうですか

感情線から指の付け根までのスペースにきれいな縦線が入っていると、50歳から先をイキイキと楽しく過ごせている、満足しているという相になります。

今は見えていない線でも、考え方や動き方で線が変化していきます。

人生100年時代 できればいつまでもイキイキと社会と関わって必要とされつつ年を重ねていきたいですね。

*株式会社エガオールでは「自分再発見!オンライン手相鑑定 *鑑定書付」をZoomで行っています。
詳細はこちらをご覧ください。

-手相
-, , , , , , , ,