オフィス・事務所・店舗の風水 経営者 個人事業主 起業家の風水 土地・環境風水

【起業準備の風水4】物件選びは周辺環境、建物とテナント入口の向きをチェックしよう~相性の良い物件は事業運も伸びる~

2019/03/18

独立、起業の際、オフィスやサロンの選択は何を重視しますか。事業を発展させるには利便性や経費が優先されるのはもちろんのこと、事業発展の気を風水で呼び込むこともひとつの選択肢としてご提案します。

事業運アップには物件周辺の気の把握から

風水では「土地の気」を重視します。その建物がある場所は風水で見て発展の邪魔になる気が流れていないかどうかをチェックすることをおすすめします。
例えば、道路の形、電柱の位置、横断歩道や高架の位置なども気の流れに関係します。

入口方位で吉意の差が出る

事業風水では代表者の生年月日と物件の入口向き、オフィスビルや雑居ビルではその部屋の入口向きで気の相性がわかります。
同じ吉凶でもランクがあるので代表者の最大凶方位にあたる入口向きは避けたいところです。物件や代表者によって気の流れは違ってきます。

建物の建築年で気は変化する

風水では人の運勢が年齢で違っているように、建物自体も時間の経過と共に持っている気が変化すると考えます。建物の誕生日、つまりいつ建てられたかで気の性質が違ってきます。

これから始まる事業のための物件 選ぶタイミングが風水の吉意を一番多く取り込める

【起業準備の風水1】事業のスタートに向けて不安を軽減させる運と気の使い方 ~迷った時の手段として~
【起業準備の風水2】事務所、店舗、サロンの場所選びは方位の力を活用しよう
【起業準備の風水3】設立日、登記日、オープン日は事業の大切なスタート日 日取りで時間の吉意を盛り込もう

これまでに3つの起業準備の風水をお伝えしました。今回と併せて、すべて事業開始前に取り入れていただきたいことです。事業が始まってからできる風水もありますが、この段階は風水の吉意が一番多く受け取れるタイミングです。

すべてができなくてもいいので、使えそうなものがあれば、ぜひお試しください。

株式会社エガオールでは事業風水のご提案を行っております。
開業や移転に伴う時期や方位の鑑定も併せてご案内しています。ご依頼、ご質問はこちらからどうぞ。

*弊社の運勢鑑定は的中率の高い四柱推命(透派)を使っています。潜在的な気質、特性と今後の運の流れがわかるので、多くの経営者の方にご活用いただいています。
HPでは面談のみご案内していますが、ご希望の場合はメール鑑定、また出張鑑定も承ります。お気軽にお問い合わせください。

-オフィス・事務所・店舗の風水, 経営者 個人事業主 起業家の風水, 土地・環境風水
-, , , , , , , , , , ,