ウントキーネ

運と気を使って人にも家にも事業にも追い風を!大阪の株式会社エガオール代表 風水運勢活用プランナー 土本晶子が書いています。HPは「エガオール」で検索を!

おでかけ風水 風水パワースポット

【風水パワースポット紹介 No14 鹿児島県南九州市 釜蓋神社 ~開運、開拓の神様にお願い!頭に乗せて参拝するのは?~

太平洋に面する入り江の岩礁に建てられた神社の通称は「釜蓋神社」 正式な名前は「射楯兵主(いたてつわものぬし)神社」
御祭神は須佐之男命 

こちらの神社、どうして「釜蓋神社」と呼ばれるのでしょうか。その由来は

開聞地方には,「天智天皇」とその妃「大宮姫」がおられたという伝説があります。
あるとき二人は,天皇につかえていた臣下の住まいがある頴娃の御領を訪ねることになり,屋敷は大変な騒ぎとなりました。火の神とカマドの神を歓請し,何十石という米を炊き始めました。
ところが,すさまじい風が吹き出したかと想うと,釜の蓋を空高く持ち上げどんどん飛ばされて,遠く離れた大川の浦に落ちました。
土地の人々はこの釜蓋を拾い上げて神様として祀ることにし,名付けて釜蓋どん,釜蓋神社と呼ぶようになりました。

「南九州市HPより」

アスリートや芸能人も多く訪れる神社。こちらの参拝方法は何ともユニークです。

これは必死になります

まずはこちらの釜蓋から選びます。

鳥居から賽銭箱まで約15mを頭の上に釜の蓋を乗せたまま手を使わず歩ききったら、「厄除け・開運」の御利益があると言われています。

この鳥居をくぐって・・・

そろりそろり 

やった!本殿に到達!

ロケーションも最高 開聞岳を望む風景に心が洗われます

本殿でのお詣りを終え、境内横の「希望の岬」へ。

太平洋の海原は果てしなく。こちらからは日本百名山 薩摩富士と言われる開聞岳が望めます。

雑念を祓って精神統一 自主独立の気をいただける場所

全国に紹介され、参拝者が増え少し観光地化してしまっていますが、神聖な気持ちで参拝されることをおすすめします。
現在の建物は平成7年に再建されたものですが、17世紀の建立という由緒ある神社です。

訪れた際にはぜひ「釜蓋」を乗せて参拝してみてくださいね。

*射楯兵主(いたてつわものぬし)神社 (通称 釜蓋神社)
鹿児島県南九州市頴娃町別府6827 
アクセス:JR頴娃大川駅から徒歩15分 番所鼻自然公園から車で5分

-おでかけ風水, 風水パワースポット
-, , , , ,