ウントキーネ  

大阪の株式会社エガオール公式ブログ 風水・運勢を使って皆さまの笑顔あふれる時間をつくることが弊社の願いです。

九星気学

【2021年の運気傾向と対策】六白金星 辛丑の年を健やかに過ごすための3つの注意点

2021/04/29

毎年変わる九星 2021年は六白金星の年

暦では2021年2月3日から2022年2月3日までを1年としています。
2021年は九星盤の真ん中(中宮)に六白金星が巡る六白金星の年 (2020年は七赤金星の年)です。
干支は辛丑(かのとうし)となります。

九星には特徴がある 六白金星は?

自然界を表す九星、六白金星は「天」
九星の中では一番強さがあります。

天なので荘厳で気高いイメージがありますよね。
私たちが天気、天候から受ける影響は多大です。天の動きに合わせて暮らしていきます。

ですから六白金星はリーダーシップ、統率力、支配、また理性的、現実的というキーワードもあります。

星の象意から一年の傾向を考えると「エネルギッシュ」な気が流れると考えられます。ただ、この力強さは極まると破壊のエネルギーにもなりかねないのでバランスが必要です。

辛丑の意は

暦は九星でも表され、また十干十二支でも表されます。
干と支の組み合わせは60通りになります。還暦は暦が元に戻ること。60年で一巡りします。

2021年 干は「辛」 支は「丑」となり 辛丑の年になります。

辛は陰の金 (陽の金は庚) ごつごつ無機質な金属の塊ではなく珠玉(宝石)のようなイメージです。
鋭くなる、研ぎ澄まされる、辛さ(つらさ)を味わうの意もあります。理性的より感性的、大胆さより繊細さがクローズアップされます。

丑は「土、水、金」の要素を持つ十二支です。季節でいうと水ぬるみ始め、まだ冷えるけれど春に向かって土も水も準備しているようなイメージです。

辛が見える部分、丑が支える部分と考えると「耐える、我慢する、感じやすくなる傾向があるけれど、根は次に向けて養分を蓄えている」そのような時間傾向があると解釈できます。

六白金星&辛丑 の注意点は

以上を踏まえ、2021年の過ごし方について気を付けることは

1 決定、決断の場面が増えるが、力任せや独りよがりの判断ではなく客観的な視点が必要

2 先へ進ませる力は十分あるからこそ気がはやるが、焦ってはいけない。

3 周囲へ還元すること、また「適」や「相応」を意識する。

私たちは目に見えない「気」に包まれ生きています。
気持ちよく感じる場所、気持ち悪く感じる場所があるように、心身は気の流れ、気の作用を受けています。

岐路に立った時、思い通りに進まない時、起こることに違和感を覚えた時などは今年の「気」を思い起こして、この3点を検証してみてください。

株式会社エガオールでは
九星気学から個人の吉時期、吉方をお伝えしています。転職、住居購入、オフィス移転など良いスタートを切って発展の追い風がほしい時にはご相談ください。(メール対応)

-九星気学,
-, , , , , , , ,