ウントキーネ

運と気を使って人にも家にも事業にも追い風を!風水、運勢を活用する提案を行っている大阪の株式会社エガオールです HPは「エガオール」で検索を!

オフィス風水 リフォーム・リノベーション風水 事業風水

【店舗改装の風水】工事費用やオープン後の売り上げが気になる時は「レジの位置」を考えよう

営業をするための店舗物件が見つかった場合、居抜き物件であっても設備の交換、内装のリフォームが必要になってきます。
「改装にかかる費用が予算オーバー」「開店に向けての集客対策にもお金がかかる」「先行投資はいつ回収できるのか」
こんな心配が出てきた時は、「気の流れ」を活用して事業の活性化対策を考える方法があります。

財の気を追い風にしたいレジの位置

風水では空間(店舗、オフィス、住居など)を8つ(45度ずつ)に分けそれぞれの方位ごとの気を分析します。
その方位の中には「財方」があります。その名の通り財の気が宿る場所です。
店舗の場合、レジは売り上げ(財)を管理するものなので風水では、この財方にレジがあれば気の恩恵を受けられると考えます。

財方の調べ方

財方は店舗の入口方位でわかります。(方位は物件の中心から8方位に分けて)
・東向きは北、南西 ・西向きは北、西、南東  ・南向きは南東  ・北向きは東、南西  ・北東は南東  ・南東は東、南、北西  ・北西は東、南西  ・南西は南東

この方位にレジが置けるようなレイアウトを考えることもおすすめです。
しかし、動線が悪くなるようであれば以下の風水を取り入れてレジ位置を考慮してください。

トイレのドアと向かい合わせではありませんか

店舗内にトイレを設けている時は、その入口ドアとレジが向い合わせにならないようにしてください。
トイレの邪気は財の気を抑えてしまいます。

レジの後ろに店舗入口や大きな窓はありませんか

会計時にレジを使う人の背中に入口、または、大きな窓がある場合は財の気が抜けやすくなります。

レジの後ろに厨房の火が見えていませんか

これは飲食系の店舗の場合ですが、お客様がレジでお金を払う時に、厨房で使っている「火」が見える場合は、火剋金の関係から金の気が消耗する配置になります。

悪い動線やお客様の違和感が無いようにすることが大切

売り上げが伸びるなら・・と無理やり実践する風水は逆効果になります。
無理やりの風水はお客様の違和感に繋がります。結局、集客ができず本末転倒になる可能性が高いので、空間、業種、客層などをしっかり把握して、できる風水対策を取るようにしてください。

物件の建築年、代表者の生年月日、物件と店舗の入口向き、周辺環境で更に詳しい風水対策が取れる

風水は元々土地の鑑定に使われていました。物件のある場所(環境)、そこにいつ建物を建てたか、これらでその物件の持つ気がだいたいつかめます。
そして、その物件(テナント)を使う代表の人の生年月日と入口向きで物件との相性がわかります。そこから対策を考えていきます。

弊社は八宅派風水と飛星派風水を使い、事業風水として様々な方向から店舗風水のレジ位置等をご提案しています。
また面談の風水鑑定も行っています。
大切な節目の選択に風水をぜひご活用ください。

*店舗の風水については
立地の良い店舗物件を見つけたい!契約前に知っておきたい悪い土地の風水チェックポイント

【飲食関連店舗の風水】居抜き物件の改装で金運と仕事運を上げる風水対策
でもご案内しています。

-オフィス風水, リフォーム・リノベーション風水, 事業風水
-, , , , , , , , , , , , , ,