ウントキーネ

運と気を使って人にも家にも事業にも追い風を!大阪の株式会社エガオール代表 風水運勢活用プランナー 土本晶子が書いています。HPは「エガオール」で検索を!

九星気学 土地・環境風水

【2019年の運気傾向】八白土星 己亥 の年はどんな年?何に気を付ければいい?風水対策は?

風水や気学では1年の変わり目は1月1日ではなくて2月4日の立春です。
2019年は2019年2月4日から2020年2月3日までです。

八白土星の年って?

2019年は八白土星の年です。
八白土星の象意は「山」 ドンと力強く居座っていて、ちょっとやそっとのことでは動かないイメージです。

スピード感はないけれどブレない、惑わされない、芯がしっかりしていることが特長。

九星気学では八白土星の年は「大掃除」に例えられます。9年に一度訪れる「整理整頓」の年。
過去を振り返り検証し、これから先を想い考えていくような。

落ち着いてしっかりと根を張っていくような年です。

己亥の年って?

毎年「干支」が巡ります。

よく「えと」って言われて「今年はいぬ年」だとか「来年はいのしし年だからね~」なんて言われますよね。

十二支のイヌやイノシシは干支の「支」です。「えと」って言われますけどこれは「支」 干支の「干」は十種類あります。

気学、四柱推命や風水の世界ではこの干と支の相性、バランスを精査して鑑定します。

2019年の干は「己」 支は「亥」です。

干支はその組み合わせで傾向がわかります。

己(つちのと)は水分を蓄えた土地。亥はこれも水と木の気を持ってます。

己の「土」の気と亥の「水」と「木」の気は五行の相性でいうと、、、実は仲が悪い相剋関係なのです。

仲の悪い干支「己亥」の2019年は大丈夫?

風水や四柱推命で使う五行論では己亥は「土 剋 水 」の関係です。(剋は攻撃する意)

どういうことかと言うと「万物を潤す水が土(堤防のイメージ)に妨害されて行き届かない」 そのようなイメージです。

では、これを実社会に当てはめて考えてみましょう。例えば・・

・資源の有効活用がしにくい

・一部の反対意見に惑わされて正しい選択ができにくい

・施策において不公平感が出やすい

・有能な人材が埋もれやすい

このような懸念があります。

土の気が強まる年におすすめする風水策

八白土星、そして己亥 土が強い年なので、五行のバランスを取るためには五行論から考えると「金」を強くすることが対策になります。

風水では金行は
・色は金、白、オフホワイト
・素材は金属、スチール
・方位は西 北西
・形は丸

となります。
これらを意識して使えるところに取り入れてみるのもいいでしょう。

2019年に気を付けたい「土を掘る」方位

2019年の五黄土星をチェックしよう ~風水で捉える土地の開運対策~でお伝えしているように、風水ではその年の動土を嫌う方位があります。それは「五黄土星」が巡る方位です。

2019年五黄土星は南西に巡ります。例えば、道路工事が自宅から見て南西方位であったとしても、凶意があると言われています。
自分の意志ではない工事ではありますが、このような場合は凶を緩和させる風水対策が必要になります。
(六帝古銭という風水グッズの使用や、家の水を循環させるなど)

ご自宅の場合は、可能なら工事日や方位の変更をご検討ください。

2019年が健やかな年となり快適に幸せにお過ごしになられますように。

-九星気学, 土地・環境風水,
-, , , , ,