在宅勤務の風水 仕事運風水 健康運風水

【テレワークの風水】在宅勤務の疲れを緩和する風水術 ~パソコンやスマホ使用のストレスを五行論から考える~

2020年春 新型コロナウイルスが蔓延しこれまでの日常が大きく変化しました。

働くことはその場所や時間を変えていく必要に迫られ、今まで使ったことのない手段を導入して対応せざるを得ない状況になりました。

しかし変化は必然のもの。このタイミングをより良く生きる、働く、暮らすのチャンスと捉えて、少しずつでもいいので日々の時間を充実させる方法を取り入れ試していきたいですね。

web会議で気疲れする人は5割以上

人がひとつの場所に集まって話し合う会議スタイルはweb会議へと移行する企業が増えてきました。

web会議を導入している企業への民間アンケートでは、web会議に参加した人の55%が「疲れ」を感じたという結果が出ています。

パソコン画面に向かって聞いたり話したりする時間はどうしても心身に負担をかけていきます。

テレワークで使うパソコンやスマートフォンを五行論で考えると

風水や東洋易の基本理論となる「五行論」
万物は五つの行に分類され、お互いがバランスを取りながら存在していると考える理論です。

五行論

この理論ができたのは古代中国 その頃は「電気」はなかったので電気をどの五行に分類するかは後世になって考えられます。

五行論を進化させた九星の分類では、稲妻や雷雨を三碧木星の象意として捉えます。ここから電気は三碧木星、五行論では「木行」に分類されました。

五行論ではその行を助けたり、力を分散させる関係が分かります。

電気の木行は火行に力を出すので自分の力は弱まります。
また木行は土行を剋す(攻撃する)ので自分の力を消耗します。

在宅勤務で比重がかかった木行は軽くすると五行のバランスがとれ環境も心身も気が安定すると考えられます。

五行バランスをとる具体的方法とは

電気の木行を弱める火行は
・花 ・太陽 ・お香 ・アロマオイル ・キャンドル ・絵画 ・書籍 

電気の木行を消耗させる土行は
・大地 ・畳 ・炭 ・陶器 ・城 ・展望台

などが挙げられます。五行論で考えるとこのほかには味、色、仕事など分類は多岐にわたります。

上記の火行や土行を取り入れた時間を設けることが、五行バランスから考えるテレワーク(木行)のストレスや疲れを緩和させる方法です。

例えば
「テレワーク中にアロマオイルやお香を焚く」
「お気に入りの花を飾ってパソコン作業で疲れた目を休める」
「休憩時間は日光を浴びる」
「作業スペースをたまに和室(畳の上)に変更してみる」
「飲み物を入れるコップを陶器製にする」

休みの日には
土に触れる時間をつくったり、出かけるなら城(歴史的建造物)や展望台を目指してみる という過ごし方もいいでしょう。

風水は気の性質を知りその流れを整える環境学です。人が健やかに生きて発展するために長い間使われてきた開運法です。

IT化が進むこれからの世の中でも風水理論を応用して積極的な活用をおすすめします。

*ストレスや疲れ対策の風水は
イライラが続いた時にチェックする風水方位 ~居場所を変えて居心地を変えよう~

テレワークが9時間以上に! 集中力を高め勤務時間を短縮させる在宅オフィス風水のおすすめ

からもご案内しています。どうぞご参照ください。

-在宅勤務の風水, 仕事運風水, 健康運風水
-, , , , , , , , , , , , ,