ウントキーネ

開運する風水術と運勢活用法を大阪の株式会社エガオールがお伝えします。 HPは「エガオール」で検索を! 

おでかけ風水 土地・環境風水

お出かけ先がパワースポットになる方法 ~積極的に土地のパワーを取り込もう~

2017/10/12

由緒ある神社仏閣を訪れて願いごとをすると叶えられ開運するというイメージの強いパワースポットツアー。旅行会社の企画ツアーとして様々な行先があり、気軽に参加できることもあって人気があります。風水ではパワースポットに相当する場所を「龍穴(りゅうけつ)」と呼んでいます。土地の気を読むことから始まった風水では、龍脈の走る山の配置や水の流れなど、ある一定条件を満たす土地には大地からの大きなパワーが宿るとしています。龍穴に建った建物、住んでいる人には土地からの恩恵が享受でき、運気が上昇していくとされています。

パワースポットは五感で感じるところ

富士山1
風水は目に見えない気を読んでいく住環境学です。効果を数値化したり視覚化することは難しいのですが、風水の理論を使って造営された平安京や江戸城が長い間栄えたのは、気の整った場所を選んだ結果だと言われています。このように山や水が風水理論で整えられた所が本来のパワースポットなのですが、自分自身にとってのパワースポットは理論上の場所ばかりではありません。もともと人は五感を持ち合わせています。心を研ぎ澄ますことができれば「気」は感覚で捉えることができるのではないでしょうか。ある場所に行くととても気持ちよくなってリラックスできたり、反対に気持ちがざわざわして落ち着かなかったり、そんな経験はありませんか。人の持つ気と場所の気の相性が良ければ、心地良さからプラスに動くことができます。悪ければマイナスを引き寄せてしまいます。「良い場所」「良くない場所」は感じる力を使って選択することもできます。

自分のパワースポットがわかったら試してほしいこと

温泉まんじゅう
自分と相性の良い場所がわかれば、その土地の気をしっかりと取り込むために実践していただきたいことがあります。
・ゆっくりと過ごす 自分自身を振り返る時間を持つ・・・できれば一人で行くことをおすすめします。
・その土地でできたものを体に入れる。水でも構いません。・・・もしなければ、その土地の人が調理したものを選んでください。
・温泉が近くにあれば入浴する・・・ゆっくりとリラックスする
以上のことを実践しながら運気アップした姿を意識すると、その後の行動に繋がりやすくなります。

せっかく行くなら強化策を取りたい

忙しい毎日をやりくりして確保できた貴重な時間なので、更なる開運に向けてできるだけのことはしたいと言われる方にお勧めしたいのは「祐気取り」という方法です。引越し、旅行など移動の方位が運気を左右するでもご案内していますが、「暦」を使って進む方位を決め、その地にある神社をお詣りすることも開運法です。生年と出かける時期によって方位が分かれますので、しっかりとした下調べが必要です。納得がいく段階でおすすみください」

*ちなみに2017年の凶方の代表格である五黄殺は南、暗剣殺は北に巡っています。
もし、お出かけ場所に迷った場合は、この2方向は外されることをおすすめします。
(2018年は五黄殺が北、暗剣殺が南になります)

-おでかけ風水, 土地・環境風水
-, , ,