土地・環境風水 屋外風水

【庭の風水】庭づくりの基本にある大地の力を優先する風水術 ~土にもある吉凶を知っておくと安心~

2019/02/25

土地があって、家があって、そして人がいる。人間の暮らしのベースは「土」 気の流れを改善する風水術は土地の気を見ることから始まっています。
庭は宅地の中にある部分で、土から作っていくスペースです。風水を知ると安心の庭づくりができます。
今回、お伝えする「庭づくり」とは土を大きく掘る(正式に決められ手はいませんが約30センチ以上くらい)場合が該当します。簡単なガーデニングや草むしり、草抜き程度は大丈夫です。

庭づくりで気をつけたいのは時期と方位

風水は土地、方位、時期にそれぞれ吉凶の気の流れがあると考えます。この吉凶はその年ごとに変化します。「いつ、どの方位の土を掘るのか」をまず確定してからの判断です。

「土用」は気の境目 そのままがいい

風水で選ぶ増改築やガーデニングの時期 ~一年に4回訪れる「土用」は土に注意~でご案内していますが土用は夏だけではありません。
この時期は季節の気が変わる時期であり、環境の気も人の気も不安定になっています。土を掘ることによって気の流れが一層不安定になってしまいます。

そして「方位」もチェック

風水は九星の動きを重視します。その中で五黄土星は特に気をつけるべき星としています。これは五黄土星の持つ意味からくるものです。(五黄土星生まれの人というわけではありません。)五黄土星はとてもエネルギーが高い星なので、その凶意も気をつけなくてはいけません。
星は毎年巡る方位が違います。2019年は南西、2020年は東になります。お家の中心からこの方位の庭を触ることはできれば避けることをおすすめします。期は立春から変わりますので、もし南西方位に庭がある場合、土を掘ることは2020年になればできるようになります。

*土地の風水については・土地の風水は五黄土星の方位をチェックしよう ~増改築の前に~もご参照ください。

弊社は住人の生年月日と間取り図から鑑定する住居風水メール鑑定面談による風水鑑定出張による風水鑑定を行い、それぞれの物件にあった風水対策をご案内しています。
庭を造る、大きな木を切る、抜くという場合はぜひご相談ください。

-土地・環境風水, 屋外風水
-, , , , , , , , ,