ウントキーネ  

大阪の株式会社エガオール公式ブログ 風水・運勢を使って皆さまの笑顔あふれる時間をつくることが弊社の願いです。

厄年風水

【厄年風水】男性前厄41歳 本厄42歳 後厄43歳(数え年)の厄年を乗り切る風水術

「厄年だから良くないことばかり」「ケガが多いと思ったら本厄だった」「後厄 早く終わってほしい」

厄年は昔から「何かがある」と言われています。厄年にあたる方の多くが、厄除けのお参り、ご祈祷を受けられています。

神仏の力を借りることも大切。そしてこの時期は「毎日過ごしている環境を見直す節目」と捉えて「気」に着目し、これから元気に過ごせる家の風水を取り入れてみましょう。

働き盛り 自分の体のことは後回しになりがちだから

40代というとバリバリと働く年代。体力はピークの20代、30代を越えて少し下降を感じ始める頃でしょうか。
忙しさに気力、体力を無理やり合わせていかなければ・・そんな実感を持つことが増えていく傾向があります。

激務を終えて帰宅。そして明日の仕事に備えるために、家の風水はどのスペースを強化していけばいいでしょうか。

英気を養う寝室の気を見直そう

質の良い睡眠の確保ができる寝室の風水対策を一番におすすめします。

*換気はできていますか
リビングの窓は毎日開けても寝室の窓を開けるのは休日だけ。このような方も多いのでは。
換気は邪気を排出し新鮮な気を入れる大切な作業です。

睡眠中、人は環境の気の影響を受けやすいと言われています。
換気のできていない邪気の充満する部屋で寝ることは危険行為に等しいと考えています。

朝、目覚めて数分間でもいいので窓を開けて外気を取り入れましょう。朝が無理ならお休み前の時間でも構いません。
窓を開けられない住宅事情なら換気扇、または空気清浄機を使ってください。

*枕の位置は大丈夫ですか
枕、つまり頭を置く場所はとても重要です。以下に該当している場合は対策を早めにとってください。

【梁の下の枕】・・・梁は角から邪気が出ていると風水では考えられています。できればこの下に枕が入らない位置にベッド、布団を移動させてください。
移動できない場合は梁を角を布でくるんで隠してください。

【ドアの延長線上にある枕】・・・ドアを開け締めするたびに気が体を縦断することになり落ち着いて寝られません。
寝る時は必ずドアを閉めて、プラスのれんが掛けてあると安心です。

【天井からぶら下がった照明や大きなファンが付いている照明の下にある枕】・・・頭の上の気が圧迫されているので熟睡しにくい位置です。
照明はシーリングライトが風水ではおすすめです。次回買い替えの時にはご検討ください。

*鏡はありませんか
【寝姿が映る鏡がある】・・・鏡は霊道になると言われています。寝ている間によろしくない気が心身に忍び込み元気を奪う可能性があります。
寝姿が映らないように移動させてください。クローゼットに埋め込みの鏡は布を掛けたりシールを貼って鏡面を隠してください。

働き盛り、男性40代の厄年は、特に寝室の気を整えて睡眠の質を上げ、元気で乗り切っていただきたいと思います。

~こちらの記事もご参照ください~
ぐっすり寝られていますか?不眠は枕の位置が関係することもあります ~寝室風水ですっきり目覚めよう~
不眠を感じたら天井のチェックを ~風水で選ぶ寝室の照明~
インフルエンザになったら寝室の鏡をチェックしよう ~風水でキープする健康運~

-厄年風水
-, , , , , , , , , , ,