リフォーム・リノベーション風水 マンション風水

【2021 年のリフォーム風水】完成後の安心に繋がる施工前に知りたい風水ポイント

2021年のリフォーム、リノベーション施工で、できれば工事前に知っておきたいポイントをお伝えします。

*2020年については【2020年のリフォーム風水】気をつけたいことは?知っておくと安心の施工に繋がる風水ポイント ~方位と土用の対策について~でご案内しています。)

風水では新しい年は立春から始まります。2021年は2月4日~2022年2月3日 となります。

個々宅のチェックポイントについては、家の向きや最初に家が建った年、住む人の生年月日などのデータから詳しく風水鑑定を行って方位ごとの気を分析し吉の気を伸ばし、凶の気を抑える風水対策をお伝えしていますが、今回ご紹介する内容はすべての施工に適用できます。

2021年は家の中心から南東の施工に風水対策を

土地の風水は五黄土星の方位をチェックしよう ~増改築の前に~で紹介しているように家に関する工事はこの「方位」をチェックすることから始めたいです。

2021年 五黄土星の方位は「南東」 二黒土星の方位は「北」になります。

土を掘る、また、空間の気を強く刺激することを避けたい方位です。

もし、施工の方位が上記に当てはまるなら、一番いいのは時期をずらす(2021年の前後に設定する)ことですが、難しいケースが多いです。

その時は
・工事の始まり日を吉日に設定する。
・リフォーム箇所だけでなく他のエリアでできる風水対策を積極的に取り入れる。
・方災のご祈祷を受ける。

等が対策として考えられます。

工事開始日に避けたい「土用」は

風水で「土用」はウナギを食べる日としてではなく気を付けたい期間として捉えています。

風水で選ぶ増改築やガーデニングの時期 ~一年に4回訪れる「土用」は土に注意~

【土用に建築着工】気が不安定な時期の工事で考えたい風水対策~「失敗した!」と言わない新築・リフォーム風水プランNo2~

からも詳しくお伝えしていますが、季節の変わり目である土用期間は造作にはふさわしくないと考えられています。

工事スケジュールを立てる際に予め知っておくと、別日を設定でき安心して工事に臨めます。

2021年の土用は

土用は年に4回、約20日間続きます。土用期間内には「間日」が数回あります。この日は障りがない日です。

・春の土用 2021年4月17日~5月4日 間日は4月19日、27日、28日、5月1日(巳、午、酉の日)

・夏の土用 2021年7月19日~8月6日 間日は7月19日、23日、30日、31日、8月4日(卯、辰、申の日)

・秋の土用 2021年10月20日~11月6日 間日は10月26日、28日、30日(未、酉、亥の日)

・冬の土用 2022年1月17日~2月3日  間日は1月25日、26日、28日(寅、卯、巳の日)

となります。

リフォームは家の気を刷新できるチャンス できることは取り入れていきたい

風水は環境学です。見えない気に着目して人が過ごす場所の気を調整していくことから開運は始まると考えます。

置物の風水もありますが、どんなに「開運グッズ」と言われているものも「在る場」の気が良くないと効果は薄くなります。

リフォームは古い気を新しい気に変え、吉の気の循環を生む喜ばしい工事です。

ぜひこの機会に風水を取り入れて施工後、安心して心地良く住める空間を手に入れてください。

*株式会社エガオールでは風水を使ったリフォームをおすすめしています。風水鑑定からご案内しています。

*引越しや施工の吉日を選定する日取り・吉方位鑑定で承っております。

電子書籍「家も人も喜べる リフォームに取り入れたい30の風水術」でリフォーム風水を詳しくご案内しています。ぜひご参照ください。*kindle Unlimited対象(無料)

-リフォーム・リノベーション風水, マンション風水
-, , , , , , , , , , , , ,